子供と高齢者の熱中症

■子供と高齢者、注意点と注意の仕方
 熱中症でも、注意をしなければいけないのは子供と高齢者です。例年、熱中症での死者が最も多いのが子供と高齢者なのですが、それぞれに注意点と、注意の仕方が異なります。
 体温調節機能が十分に発達していない乳幼児は、特に熱中症になりやすいので、注意が必要です。
 よく、「お子様体温」と言いますが、子どもは新陳代謝も良く、発汗が多め。ですので、水分を余計にとることが大切です。同じ理由で、体内の熱を逃がしにくいので、帽子をかぶせたり、熱がこもらないような服装にしたりしましょう。
 また、都市部では、アスファルトの影響で、地表近くが最も温度が高くなります。と、いうことは、身長が低かったり、ベビーカーに載ったりしている乳幼児は、厚さの影響をダイレクトに受ける、ということ。私たち大人が体感している温度より、はるかに高い世界にいることを意識しましょう。
 これは、屋内でも屋外でも同じなのですが、子どもは夢中になってしまうと、喉が渇いたり、少々体調が悪かったりしても、そのまま遊んでしまいます。本人たちに注意させるというより、周囲の大人が気を配ってあげましょう。
 高齢者の方は、まず体質として、体内の水分量が少なくなっていることを把握しましょう。体内の水分量が少ないということは、発汗しにくく、熱を逃がしにくいということです。
 ですので、水分補給が大切です。それも、厚いとき、屋外などで水分補給をするだけでなく、普段の食事から、野菜を多く摂るなど、水分補給を意識した食事をするようにしましょう。
 お風呂や寝る時も注意が必要です。水分補給がいつでもできるように準備をしておくほか、お風呂などで汗をかいたらすぐに補給をすること。また、あまり長湯をしないことも大切です。どうしても長湯をしたい場合は、浴室内で水分補給ができるようにしておきましょう。
 高齢者の場合も、子どもと同じで、自分では熱中症を自覚しにくい傾向があります。また、子どもよりも体調の変化が表に見えにくい傾向があります。周囲の人のサポートが必要です。